神経内科

概要

神経内科では、脳・脊髄からなる中枢神経と、そこから出る末梢神経におこるあらゆる病気を担当領域としています。

神経内科の外来で診る病気の症状として、最も多いものが4つあります。それは、頭痛、めまい、しびれ(感覚障害・脱力も含めて)、物忘れの4つです。
これらの症状は神経に原因を求められることが多く、神経内科を受診する患者様の主訴として一番多いものです。

また入院される患者様の病気で最も多いのが脳卒中などの脳血管障害で、発症早期からの診断と治療、リハビリテーションが重要です。 
その他、中枢神経に起こる病気としては、パーキンソン病などの変性疾患があります。また近年注目されることの多くなった認知症も当科の領域となります。
末梢神経に起こる病気もさまざまです。頚椎症による手のしびれなどありふれたものから、ギランバレー症候群・慢性炎症性脱髄性多発根神経炎など、的確な診断と治療が必要なものも含まれます。

これらの病気は神経だけに起因するものもありますが、骨による神経の圧迫が原因であるもの、ホルモンの異常が神経系に作用して起こるもの、心理的・精神的な要因がからんでいるもの、などさまざまです。
したがって、脳神経外科、整形外科、一般内科、心療科などと関連する病気も多数あり、これらの他科とも連携しながら診療を進めています。

診療体制

現在、非常勤医師2名(久野 宣年、田頭 秀悟)により、週2回の外来診療を行っています。
 
午前
(※隔週)
  久野      大学医師
(第1、3) 
 

対象疾患

神経系に起因する疾病がすべて対象になります。
頭痛、めまい、しびれ、物忘れ、などの症状でお悩みの方、また神経に起因する病気ではないかと思われる症状のある方、お気軽にご相談ください。

※当院では心療科にて「軽い物忘れ外来(毎週金曜日AM)」を行っています。「物忘れ」でお悩みの方は、そちらもご利用ください(予約制となっております。お問い合わせください)。