看護部

看護部

地域に根ざした病院として、一人ひとりが患者さんに寄り添い、心のぬくもりが伝わる看護を提供します。

看護師採用ページはこちらから

総師長挨拶

nurse leader
総看護師長 国広 弓江

療養の主人公は「患者さん」です。常に患者さんの思いに寄り添い支える立場で看護を提供したいと考えています。また、医師をはじめコメディカルが、それぞれの専門性を認め合いながら、チーム医療の実践を通して患者さん中心の医療に取り組んでいます。
看護という職業は、人として成長することで、看護そのものも成長していくのだと考えています。自分自身を大切に、患者さん、一緒に働く職員、全ての人を大切に思う気持ちを持ち、共に成長しあう看護部を目指しています。

看護部理念

  1. 私たちは、患者の人権を尊重します。
  2. 私たちは、組合員・患者さんとともに保健・医療・福祉のネットワークづくりをめざします。
  3. 私たちは、安全・安心・信頼の看護を提供します。
  4. 私たちは、専門職としての知識・技術を高め自己研鑽に努めます。

看護部紹介

看護実践や研修については、コチラをご覧ください

 

 

病棟・職場紹介

外来

gairai各科診察室・中央処置室・化学療法室・救急外来・内視鏡室・血管撮影室と多くの業務に分かれています。それぞれに専門性が求められますが、日々勉強しながら患者さんとの関わりをおこなっています。短い時間の関わりのなかで、安心して受診していただけるように心がけています。

4階病棟

4f2016年4月より、地域包括ケア病棟として生まれ変わりました。
在宅看護に向かうために必要な家族への指導をしたり、安心して退院を迎えられるように、多職種で支援を進めている病棟です。
地域に戻るためのかけ橋となる病棟を目指し、頑張っています。

5階病棟

5f呼吸器内科・循環器内科の急性期の病棟です。
入退院が多く、意志が強い日々ですが、患者さんが日常生活に早く戻れるように看護を行なっています。一人ひとりの人権を尊重し、患者・患者家族の思いに寄り添う看護と多職種と連携し安心して入退院できることを目標に頑張っています。
スタッフの年齢層も幅広く、焼かよくやりがいをもって頑張っています。

6階病棟

6f外科・脳外科・整形外科・消化器内科のの混合病棟で、周手術期からリハビリ期まで一貫して関わっています。患者様の思いに寄り添い・医師・リハビリ・MSWなど多職種と連携をとり、入院中、退院後も安心して過ごしていただけるよう心がけています。

7階病棟、8階病棟

7f急性期治療を終えた脳血管疾患、整形外科疾患、廃用症候群の患者さんを中心とした病棟で、生きがいを持って過ごせるように個々に合ったリハビリを提供し、社会復帰・在宅復帰に向けて多職種が関わって支援をしています。

8f

 

緩和ケア病棟

kanwaがん患者さんや患者さんを支えるご家族の苦しみを和らげ、患者さんとご家族が自律性を持って一日一日すごしていくことができるよう、さまざまな専門職とともに援助を行っています。患者さんが大切にしていることを、同じように大切にすることを心がけています。

HCU

hcu重症患者さん、手術直後の患者さんなどを中心とした集中治療部分を担っています。すべての患者さんを見渡せるように12床のオープンフロアとなっており患者さん、ご家族にきめ細かいケアを提供しています。多種の医療機器を使用しながら専門的な知識・技術もち、笑顔と接遇をモットーにスタッフ一丸となって患者さんを救命しています。

透析室

touseki看護師8名、臨床工学技士5名で透析業務に携わっています。制限の多い透析生活では、不安や苦痛も多くあります。そのため、受け持ち看護体制をとり、透析治療のみだけでなく生活を支える存在になることができるよう心がけています。

手術室

ope外科、脳外科、整形外科、中手術を年間約400症例行なっております。未知で不安な手術を共に乗り越えられるように術前訪問を行い、信頼関係が築けるよう心がけています。術中は声掛けを行い、痛みや分が安らぐように患者様の傍に寄り添っています。また安全に手術が行えるよう自己研鑽に努め、今後の看護に活かしています。