栄養管理室

職場理念

  1. 衛生管理を徹底し、安心・安全な食事作りに努めます。
  2. 直営を守り、患者様のニーズに応えるため、職場の意思統一をはかります。

概要

栄養管理室・厨房は、生協病院最上階の10階に位置しています。

スタッフ

管理栄養士      3名
調理師・調理助手   11名
午前パート      1名

食事提供

入院患者様(朝/昼/夕:各170食)の食事のみならず、昼食時は人間ドック食、病児保育食(キッズルームこぐま)、外来透析食を提供しています。さらに幼児への3時のおやつは手作りの物を提供しています。
また、病棟からの依頼により、クリスマス会、七夕会など行事のデザートを作る事もあります。

「適時適温を心掛け、少しでも美味しい食事が提供できるように努めます」

nutrition 0
*左右で保温室と保冷室に分かれています

7:40~
11:45~
17:40~

上記の時間を目安に各病棟へ配膳車が出発します。

患者様に「温かいものは温かく。冷たいものは冷たく」食事を提供できるように、温冷配膳車を導入しています。温冷配膳車とは、保温と保冷の機能を備えた配膳車になります。

病院食は「一般食」と「特別食」に大別し、年齢・性別・疾患・病状等に応じそれぞれの患者様の治療目的に沿った食事を提供しています。

食事の種類
一般食 並食、軟飯食、粥食(全粥・7分・5分・3分)、流動食、練習食
学童食、幼児食、離乳食(前・中・後期)、減塩食、検査食、濃厚流動食(非加算)
特別食 心臓食、脳卒中食、腎炎食(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ度)、透析食、CAPD食、糖尿透析食、
糖尿食、肝臓食、肝硬変食、膵臓・胆石食、脂質異常症食、痛風食、貧血食、
潰瘍食、胃切後食、濃厚流動食(加算)

咀嚼・嚥下状態による食形態の対応

~いつまでも口からの栄養摂取を~

年齢や病状、入れ歯の有無により、噛む事が難しい患者様、飲み込みが難しい患者様には、

  1. 食事をきざむ
  2. ミキサーにかける
  3. トロミ剤を利用する

などの対応をしています。

言語聴覚士による嚥下造影などにより、患者様の咀嚼・嚥下レベルを評価し、より適した食形態での提供に努めています。点滴・注入食から経口栄養摂取への移行を目標としています。

nutrition 1

nutrition 2

細かい個別対応により喫食率アップにつなげる

~栄養状態維持・食事満足を~

アレルギー、嗜好、食欲の有無などに応じ、献立内容・食材を変えることにより、喫食率アップにつなげています。

≪特色≫

  • 新鮮な食材を使用する
    ほとんどの食材を生の状態で納品し調理しています。肉・魚・野菜・豆腐など新鮮な状態で毎日届きます。
  • shokuzai1
    *新鮮な野菜・果物は毎朝納品しています。
  • shokuzai2
    *水曜朝はパン食
    (食事内容により異なる)
  • shokuzai3
    *新鮮な魚は賀露漁港より
  • 手作りに努める
  • chouri1
    *野菜の切り込み中。
  • chouri2
    *一般食、各種特別食を調理していきます。IH・ガス共に使用。
  • chouri3
    *小さな魚も大きな魚もさばいていきます。刺身の献立もあります。
  • food1
    ◆ある日の夕食◆
    ロールキャベツ、いり豆腐、茄子の揚げ浸し、果物
  • food2
    ◆ある日の夕食◆
    中華風きのこハンバーグ、大根サラダ、青梗菜の炒め物、果物
  • food3
    ◆ある日の夕食◆
    鶏肉の和風マリネ、野菜炒め、芋とイカの煮物、果物
  • food4
    ◆ある日の夕食◆
    竜田揚げ、じゃが芋のクリーム煮、小松菜の白和え、果物
  • food5
    手作りの茶碗蒸しです♪
  • nutrition 3

人間ドック食

doc-food

  • 行事食・3時のおやつ(幼児)・お誕生日食(緩和ケア病棟)などにより入院期間の楽しみを行事食を月に1回程度取り入れ、献立やデザートなどにより四季を感じられるよう工夫しています。

nutrition 4

パウンドケーキ、シュークリーム、ホットケーキ、ゼリー、フルーツ、フレンチトースト、クッキー・・・今日のおやつは何かな❤

oyatu

チーム医療への参加

NST(栄養サポートチーム)、褥瘡委員会、緩和ケア委員会に属し活動しています。

個別栄養指導(外来・入院とも予約制)*栄養相談室は1階トイレ前

午前を外来栄養指導、午後を入院栄養指導とし、それぞれ2枠の予約枠を設けています。

nutrition 5

外来栄養指導
(月~土)
  • ◆10:00~10:30
  • ◆10:30~11:00
入院栄養指導
  • ◆14:00~14:30
  • ◆14:30~15:00

但し、患者様、ご家族、管理栄養士の都合等で時間を別枠に設けることもあります。
栄養指導は医師からの指示が必要です。食生活に悩みのある方は、気軽に医師に声をかけて下さい。

その他

  • 毎月発行の生協新聞に、おすすめレシピや栄養に関する情報を掲載しています。
  • 虹の箱(投書箱)や下膳に乗ってくるお手紙により、患者様からのメッセージを頂く事もあり、励みになっています。