薬局

職場理念

鳥取生協病院 薬局は9名の薬剤師と事務2名で運営しております。私たちは薬学的な視点から当院において求められる役割を主体的に考え、実践しています。

  • 私たちは患者さまの人権を尊重します。
  • 私たちは、組合員・患者様と共に保険・医療・福祉のネットワークづくりを目指します。
  • 私たちは、安全・安心・信頼の医療を提供します。
  • 私たちは、専門職としての知識・技術を高め自己研鑽に努めます。

pharmacy ex1

概要

調剤業務(内服薬、注射)

  1. 薬剤師の立場から投与量、重複、飲み合わせなどに問題がないかを確認のうえ、調剤を行います。その際、内容に疑問な点があれば医師に問い合わせを行い、安心して患者さまにお薬を服用して頂けるように努めています。
    内服薬や外用薬については、入院患者さまの調剤を行っております。外来患者さまには医師が院外処方せんを交付しますので、保険薬局にて調剤を受けていただきます。
  2. 注射薬では投与経路、他剤との配合変化の可能性、用法・用量などをチェックし安全に患者さまに使用していただけるよう努めています。
  3. これらのチェックは電子カルテの情報にアクセスして行います。主に検査データや診察記録を参照しますが、お薬の内容によっては必要に応じて血圧や食事摂取状況、検査や手術の予定日など細かく確認します。

pharmacy ex2pharmacy ex3

無菌調製

薬剤師は抗がん剤と高カロリー輸液の無菌調製を行います。

  1. 抗がん剤:薬局クリーンルーム内に配置している安全キャビネットを使用し、抗がん剤の調製を行います。

     

  2. 高カロリー輸液:高カロリー輸液とは、経口あるいは経腸での栄養補給が難しい患者さんに、カロリーの高い栄養源を点滴するための輸液のことです。高カロリー輸液は豊かな栄養源の故に細菌汚染のハイリスク製剤でもあります。当院では薬局クリーンルーム内に配置しているクリーンベンチで、薬剤師が高カロリー輸液を無菌的に調製しています。

     

薬剤管理指導

薬剤管理指導とは、入院患者さまの薬物治療を適切に行うため、薬の専門家の立場から薬剤師が行う病棟活動(の一部)を指しています。当院でも病棟担当の薬剤師が入院患者さんの薬の使用状況を把握し、患者さんが安心して薬を使用できるよう説明を行い、薬の使用に伴う問題が起きていないか調べています。

 

  1. 薬剤師による入院時持参薬の確認
    患者さまが入院までに使用されていた薬の種類や数などを確認し、医師に申し送ります。
    市販薬やサプリメントの服用や副作用、アレルギー歴の有無、服薬状況の確認も行います
  2. 薬剤師による入院患者さまへの服薬指導
    薬剤師が患者さまのベットサイドに訪問し、薬の使用目的や使用法、副作用など、薬を使用するために必要な情報を患者さまの症状に合わせて分かりやすく説明します。また患者さまの薬に関する悩みや相談にも乗っています。
  3. 退院時服薬指導
    患者さまが退院される場合、入院中の経過を薬剤師がまとめ、退院後に継続する薬に関する指導を行います。また必要であればご家族の方にも服薬説明を行っています。

チーム医療

当院でも薬剤師が様々な委員会に所属しチーム医療に貢献しています。

《所属委員会》

栄養サポートチーム(NST)、感染対策委員会(チーム)、褥瘡対策委員会(チーム)、喘息・COPD職員チーム、呼吸療法サポートチーム(RST)、化学療法委員会、緩和ケア委員会(チーム)、薬品管理委員会、医薬品安全管理委員会、輸血療法委員会など多数。

jokusou1褥創チームラウンド風景

医薬品情報管理業務(DI業務)

医薬品を有効かつ安全に使用していただくためには薬に関連した情報が不可欠です。そのため医薬品情報を収集・評価・管理し、医師や看護師、その他医療スタッフにその情報を提供することにより、医薬品の適正使用を推進しています。

薬剤師は、その専門性を活かし、医師、看護師、他のスタッフとともにより安全な薬物治療が行えるようチームの一員として活動しています。

 

Topics

 最近のニュースなどを紹介します

《2017/4/4》

中本主任が抗菌化学認定薬剤師に認定されました。

nakamoto

感染症の治療において抗菌薬は不可欠なものですが、抗菌薬は正しく選択しないと耐性菌が増加したり治療の妨げになることがあります

抗菌化学認定薬剤師は十分な知識を持って一歩踏み込んだ抗菌薬治療を行うことが期待されます

当院ではもうすでにみんなの信頼を受けている中本主任ですが、これからもスペシャリストとしてがんばってください

《2017/7/10》

ishihara

石原駿輝薬剤師が当院に入職されました。

石原さんは岡山医療センター薬剤部で3年間勤務されてこられましたが、本年6月より当院にて勤務してもらうことになりました。

石原さん、よろしくお願いします ∠(`・ω・´)  

これで薬剤師は常勤10名体制となりましたが、当院では引き続き薬剤師を募集しております。