チーム医療

患者さんの治療・回復のために、医師や看護師など様々な職種の専門家が関わるチーム医療を私たちは実践しています。その時々の患者さんの状態やニーズに応じて適切な専門家がチームを作り、最良の医療を提供しています。

医師や看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士、理学療法士、作業療法士など直接治療に関わる職種のほか、生活面や精神面をサポートする医療ソーシャルワーカー、臨床心理士などの職種がそれぞれの専門領域を発揮し、患者さんをサポートします。
当院での代表的なチーム医療としては、ICT(感染制御チーム)NST(栄養サポートチーム)褥瘡対策チーム、、緩和ケアチーム、があります。

感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)

病院などの医療施設は免疫力が低下した易感染患者が多数集まります。そして、これらの患者は常に感染の危機にさらされていて、治療している感染症以外の新たな病原体に院内で感染してしまうということもしばしばみられます。これらの感染症を未然に防ぐ予防対策を行っているのが感染対策委員会であり、その実働部隊として位置づけられているのが、感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)です

委員会・チームのメンバーは医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務職員などで構成されていて、定期的な院内ラウンドや、感染情報の発信・検討や院内の教育・啓蒙活動などを行っています。

メンバー

医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務職員

活動内容

具体的な活動内容はチームが、全ての病棟と外来を週に一度ラウンドを行っています。各部署にはチェックシートに沿って標準予防策の徹底・感染性廃棄物の処理・清掃などを行ってもらい、それらが遵守されているかどうか、改善点や問題点などないか等、ラウンドでの報告を各部署と感染対策委員会に提出しています。また院内サーベイランス(MRSA(耐性菌の一種)などの感染症の発生・解除状況を監視・調査するシステム)や抗生剤の使用状況などもチームで検討し、感染対策委員会へ報告しています。感染対策委員会ではこれらの報告をもとに改善すべき点などあれば申し入れをするなど、実行できるように検討しています。そのほか院内での全員学習会などを開催し、感染対策についての理解を深めるための活動も行っています。

team1team2

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team : NST)

NST ad  ico common 05NSTのご案内(pdf)

患者の栄養管理を個々に応じて適切に実施することを栄養サポートいいます。
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士など他職種がそれぞれの専門知識・技術を活かしながら一致団結して栄養管理を実施する集団をNST(栄養サポートチーム:Nutrition Support Team)といいます。

NSTメンバー構成

医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・事務職員

活動内容

NST依頼があった患者を中心に週一回、回診(ラウンド)・カンファレンスを行っています。栄養状態の気になる患者は依頼がなくても、その場で介入していく事もあります。回診はランチタイムに、その後メンバーが集まりカンファレンスを行います。
当院では胃ろう(PEG)造設希望患者はNSTの介入が必要であり、栄養状態、嚥下状態などを評価し、NSTメンバーでPEG造設の可否を検討しています。

team3

褥瘡対策チーム

褥瘡(じょくそう)とは一般的には床ずれと言われるものです。一度できると治りにくくなることもあるため、予防が大切になります。褥瘡ができる原因はひとつではないため、多くの予防的な対策が必要になります。 褥瘡対策チームでは、いわゆる「寝たきり」状態の方々に対する褥瘡予防対策を行い、褥瘡を有する場合には、早期治癒と再発予防環境を主導していきます。

メンバー

医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・臨床検査技師・事務員

jokusou2

緩和ケアチーム

PCT poster  PCT ad 1

病気そのものの治療ではなく、痛みなど苦痛となる症状を積極的に治療することも大切です。緩和ケアチームでは、がんなどが原因の身体や心の様々なつらさを和らげ、よりよい生活を送ることができるように、医師・看護師・薬剤師、心理士などの専門スタッフが協力し、主治医と共にあなたとご家族を支えます。

メンバー

医師(緩和ケア科・心療科)・緩和ケア認定看護師・薬剤師・管理栄養士・セラピスト・管理栄養士・臨床心理士・ソーシャルワーカー