イメージキャラクター

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

〒680-0833
鳥取県鳥取市末広温泉町458

アクセスはこちら

メールフォームでのお問い合わせ

鳥取医療生協の医療施設

  • 鳥取生協病院
  • 鹿野温泉病院
  • せいきょう子どもクリニック
  • せいきょう歯科クリニック
  • わかさ生協診療所
  • 訪問看護ステーション すずらん
  • 株式会社 メディコープとっとり

鳥取医療生活協同組合 本部ホームページへ

病院からのお知らせ

研修医コラム「感染対策をしながら適切な受診を」

 

 こんにちは。鳥取大学出身の中林桃子と申します。高知県出身ですが、母校のある鳥取県で働かせてもらうことになりました。普段は鳥取大学医学部附属病院で初期研修をしているのですが、研修プログラムの一環で6月から9月まで鳥取生協病院でお世話になっています。こちらにいるのは4ヶ月という短い間ですがよろしくお願いいたします。

 

 私が生協病院へ異動の際に気をつけなければいけなかったのは、新型コロナウイルス感染の件でした。鳥取県では幸い少ないようですが、院内感染が起きてしまうと病気のために免疫力が低い方もいるので重症化のリスクがあり大変です。そのため各病院では院内感染が起きないよう、様々な対策を行っています。

 

 しかし、病院には熱があって来られる方もいるので、病院に行ったらコロナウイルスにかかると心配される方もたくさんいるのではないかと思います。感染対策は重要ですし、予防だけに今は目が向いてしまいがちなのですが、他の病気もいつもと同じようにリスクがあるということを頭に入れておくことは重要ではないかと思います。

 

 今年の夏は特にマスク着用により血中の二酸化炭素濃度が上昇したり、熱中症のリスクが高まります。熱中症でも重症の場合は医療機関を受診する必要があります。
また、他の大きな病気の治療をコロナのために病院に行かず中断してしまっては意味がありません。乳幼児の健診や予防接種もその年齢で受けないと、重篤な疾患のリスクが高まります。外出機会が減ったことで生活習慣病の悪化もあるかもしれません。

 

 皆さんがコロナ感染以外にも様々な病気があることを理解し、適切な医療機関受診ができるよう、私たち医療従事者側も感染予防に留意し診療を行っていきたいと思います。

 

Dr.Nakabayashi

研修医 中林 桃子