鳥取生協病院 病院指標

平成27年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 74 31 48 78 115 278 759 772 927 291
60歳以上から患者数が増えており、患者の高齢化が伺えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 185 20.44 14.34 8.65 77.75 **********
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 101 3.52 3.07 0.99 71.60 心臓カテーテル
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 95 35.35 21.69 21.05 83.84 **********
内科では、肺炎での入院が多く、平均年齢も高いため、平均在院日数は長めとなっています。誤嚥性肺炎でも同様の傾向が見受けられます。狭心症の検査入院ではクリニカルパスを用いています。穿刺部位の違いも考慮して作成しています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 15 26.47 20.63 0.00 72.20 **********
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 15 7.40 4.35 0.00 62.60 **********
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 12 15.08 13.03 0.00 74.08 **********
外科では、上位3位ともに悪性腫瘍となっています。手術と化学療法を行っています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 35 69.51 28.70 25.71 80.51 **********
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20 53.15 21.52 15.00 83.35 **********
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 12 46.67 21.26 0.00 82.58 **********
整形外科では、大腿骨骨折に伴う手術が多く、術後は、回復期リハビリテーション病棟で集中したリハビリを行っています。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 52 34.52 18.08 5.77 72.79 脳梗塞
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 32.60 15.80 10.00 80.20 ******
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 8.61 7.03 0.00 71.39 ******
脳神経外科では、脳梗塞が最も多く、軽症な症例にはクリニカルパスを用いています。急性期の治療が終わった後は、回復期リハビリテーション病棟で集中したリハビリを行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 30 0 9 38 6 9 1 7
大腸癌 5 10 10 29 10 16 1 7
乳癌 8 3 1 0 0 3 1 7
肺癌 18 3 21 29 11 12 1 7
肝癌 5 4 6 3 1 14 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌のうち、初発では胃癌・肺癌が多く、再発では大腸癌・肝癌が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 10.50 63.50
重症度 1 48 17.35 74.60
重症度 2 63 23.70 83.13
重症度 3 35 35.17 83.91
重症度 4 6 38.50 72.67
重症度 5 3 5.33 83.33
不明 0 0.00 0.00
市中肺炎の重症度では、重症度2が最も多く、重症度の高い4,5は少なくなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 15 4.27 72.40 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$脳梗塞3日以内 175 54.75 76.22 12.95
その他 18 83.22 68.06 2.07
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 1 159.00 78.00 0.00
その他 11 15.64 68.82 0.00
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 2 19.50 66.50 0.00
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
脳梗塞が最も多く、発症も3日以内が多く急性発症した症例が多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K664 胃瘻造設術(PEG) 33 53.85 33.76 42.42 81.33 胃瘻造設術(PEG)
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 23 0.70 8.48 0.00 72.26 ****************
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 23 5.04 4.96 0.00 71.17 ****************
胃瘻造設術はクリニカルパスを用いています。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 3.08 9.32 0.00 64.92 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K6335 鼠径ヘルニア手術 24 1.00 10.00 0.00 69.13 鼠径ヘルニア根治術
K7193 結腸悪性腫瘍手術(S状結腸切除) 16 9.06 43.19 18.75 73.19 ****************
腹腔鏡下胆嚢摘出術、鼠径ヘルニア手術はクリニカルパスを用いています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 36 7.31 63.86 27.78 83.67 ****************
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 15 15.33 68.33 20.00 77.47 ****************
K0591 第一足指外反症矯正手術 - - - - - ****************
第一足指外反症矯正手術は件数が10件未満のため、数値が「-」となっています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 19 0.84 23.68 10.53 75.63 ****************
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所) 17 1.53 32.82 11.76 70.18 ****************
K1421 前方固定術(1椎間) 13 2.69 14.15 7.69 63.77 ****************
慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)が最も多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 4 0.12
異なる 41 1.22
180010敗血症同一 12 0.36
異なる 24 0.71
180035その他の真菌感染症同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040手術・処置等の合併症同一 14 0.42
異なる 0 0.00
播種性血管内凝固症候群、敗血症ともに、入院の契機は他の急性疾患となっていることが多いです。
更新履歴
2016/9/30
新規作成